髪の毛

髪の毛って何だろう

そもそも髪の毛とは何だろう?

ファッション雑誌等で、綺麗な天使の輪が見える髪の女優さんや、奇抜な髪型で注目を浴びる人を見かけたりします。最近では、髪の健康をうたった記事や、育毛に関する宣伝も増えています。普段何気なくいじったり、洗ったりしているこの髪の毛って、そもそも何であるんだろう、と考えたことがある人もいるかもしれませんね。髪の毛は、頭髪や毛髪など、呼び方は様々ですが、構造はケラチンと言うたんぱく質で出来ています。日本人の頭髪は、平均で10万本、少ない人で7万本から8万本で、多い人で14万本と言われています。更に、黄色人種等の人種の違いによっても本数が若干違ってきていて、髪の質も異なります。また、年齢によっても本数が変わったり、髪質が変わっていきます。一口に髪の毛と言っても、奥が深いものですね。

髪の毛の役割とは何だろう?

髪の毛の主な役割は、外部からの衝撃、外からの加わる何らかの影響から頭部を保護するためにあります。頭部には、重要な器官が沢山詰まっていて、頭からの出血は止まりにくいと言われていますよね。だから出血をしないために、また人体にとって大切な器官を守るために、髪の毛で防御しているのです。その他にも、保温効果のためであったり、紫外線から守るという役目もあります。頭皮に直接紫外線があたれば付着している皮脂を参加させて、臭いの原因や育毛の阻害という悪影響を及ぼすので髪の毛はそのような事態から身を守ってくれているのです。