生え際 後退

体を守る髪の毛が無くなっていく現象

頭部を守る髪の毛がなくなる現象

髪の毛は、頭部を守ると言う大切な役割があり、人間には無くてはならないものです。でも、加齢や遺伝、ライフスタイルの乱れから、だんだんと薄毛や抜け毛が酷くなり、髪が無くなっていく現象に悩まされている人も多く居ます。生え際が後退する事に悩む人に対して、テレビのコマーシャルやポストに入っている広告チラシでも、その対策情報を流しているのを沢山目撃していますよね。実は、生え際が後退する現象に関しては、研究により詳しいことが分かって来ました。これは、AGA、日本語では男性型脱毛症といって、男性が高齢になるにつれて、悩まされる人が多くなる症状です。
また、男性型とありますが、実は女性でもこの症状が出てしまう人がいます。

男性型脱毛症になる原因

男性型脱毛症の主な原因として判明していることに、男性ホルモンが育毛を妨げることによって起こるというものがあります。どういうことかと言うと、育毛に大切な細胞である、毛母細胞という細胞があります。この毛母細胞が2年から6年のサイクルで細胞分裂することで、髪の毛が成長していくのですが、男性ホルモンがそのサイクルを縮めてしまうのです。それにより、毛母細胞の寿命が早く来てしまって、成長が早く終わってしまい、結果として髪が薄くなったり、抜け毛が多くなったりしてしまいます。男性に見られる特徴としては、前髪から徐々に生え際が後退していくことがあります。また、女性でも男性ホルモンが強い人だと、頭頂部あたりから髪が薄くなっていくという特徴があります。