DHT

女性の薄毛の原因も男性ホルモンだった

ジヒドロテストステロン(DHT)は女性も持っています。

男性の薄毛の原因でも知られている男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)は女性の体にも存在しています。
最近では女性でも男性型脱毛症になる方が増えてきていますが、やはり原因といえるのはジヒドロテストステロン(DHT)ですね。

 

女性だからといって男性ホルモンを持っていないわけではありませんので、除せがい持っている男性ホルモンのテストステロンと酵素である5αリダクターゼが結びついて強力な脱毛原因となるジヒドロテストステロン(DHT)を生成します。

 

女性ホルモンが活発に働いていれば問題はないのですが更年期になり女性ホルモンが減ったり、ストレスでホルモンバランをくづしたりすると女性であっても男性型脱毛症になってしまうのです。

 

ダイエット&育毛・発毛  ダブルインパクト

ジヒドロテストステロン(DHT)を減らすには簡単な方法があるんです。

抜け毛や薄毛の原因がジヒドロテストステロン(DHT)にあると分かればこの物質を減らしてしまえば育毛を楽にできると思いませんか?
そして男性ホルモンを持っていたとしても、ジヒドロテストステロン(DHT)にしなければ抜け毛を誘発することはないのです。

 

ですから、5αリダクターゼの量を減らすことにより抜け毛を抑えることが出来るのです。
育毛を考えると必要な方法はこの5αリダクターゼをいかにして制御して発毛させるかがポイントとなります。
最近の研究では5αリダクターゼを抑える効果がる栄養素として亜鉛・緑茶・ノコギリヤシエキスが有効とされています。

 

 

ジヒドロテストステロン(DHT)を誰もが持っているのに薄毛にならない人は何故??

テストロテンと5αリダクターゼは誰もが持っているものですからジヒドロテストステロン(DHT)もみんなが持っているものですよね。
どうして、薄毛にならない人がいるのでしょうか?

 

1つは5αリダクターゼは遺伝によってその量が決まります。薄毛の家系に生まれた場合には5αリダクターゼを多く分泌する体質になってしまうということですね。

 

もう1つは体質です。花粉症になる人とならない人がいるようにジヒドロテストステロン(DHT)に強い体質であれば薄毛にはなりにくいといえます。

 

しかし薄毛に悩んでいる女性は5αリダクターゼを抑える努力が必要ですね。

 

発毛・育毛に必要な成分を豊富に含む  Hatto

 

 

 

 

女性用育毛剤ランキング/TOP