5αリダクターゼ アロエ

5αリダクターゼとアロエ

前回、5αリダクターゼとは何か、ということをお伝えしましたが、今回は民間療法でどうにかならないものかと探してみました!

 

ありました。アロエです。アロエ、お庭に植えていらっしゃる方も多いですよね。その液がなんと5αリダクターゼを抑制する効果があるのです。

 

わたしのアロエのイメージは、食物繊維が豊富だからヨーグルトに入って加工されている、とか、昔おじいちゃんが蚊に刺されたときはアロエだと言ってアロエの液を加工して常備薬として使っていた位ですが、まさか脱毛抑止になるとはおもってもいませんでした。なぜ、このどこにでもありそうなアロエが脱毛の抑制効果があるのか。それをまずは解説いたしましょう。

 

アロエには、アロインと呼ばれる成分が含まれています。アロインは、なんと5αリダクターゼの抑制効果があるのです。直接アロエを切って、塗ることも可能ですが、場合によっては成分が効きすぎて皮膚に良くない場合がありますので、液状にし、薄めて使うなど、工夫が必要です。思い出せば、脱毛ではありませんが昔子供の頃、アブに噛まれて痛いくてかゆくて困っていた時、庭先にあったアロエを切ってそのまま縫ってみたら翌日に治った、という思い出があります。アロエにはそれだけ強い成分がたくさんふくまれているんですね。

 

みかんに含まれるリモネン

みかんにも同様にリモネンという成分があり、それが脱毛抑止につながると言われています。最近では柑橘系のエキスをつかった育毛剤がありますよね。みかんはみかんの皮に有効成分が含まれているので、さすがにそのまま塗るのは難しいですよね。アロエの方がお手軽な気がします。実際、ミカン大国愛媛でもハゲている人はハゲています。(実はわたしの父がそうだったりするのですが。)みかんそのものを食べるより、アロエを塗ったほうが良いよ、と今度アドバイスしておこうと思います。

 

今だけ!キャンペーン情報はコチラ  マイナチュレ

 

 

女性用育毛剤ランキング/TOP